動物腎臓病に対するホームケアについての知識

大切な家族ともいえるペットという存在。

動物腎臓病になってしまい、少しでもよい環境でともに暮らすことができたらという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、今回は「動物腎臓病とホームケア」という点について考えてみましょう。

ホームケアのポイントを抑えておくことが大切

まずは食事についてですが、もっとも大切なことは、獣医師の指示に基づいた食事を心がけるということです。
特定の支持が出ているという場合には、そのメニュー以外は与えないようにしましょう。
自己判断で与えてしまうことによって、腎機能を低下させてしまう可能性もあるのです。

さらには、腎臓病によっては食欲定価などといった症状が見られることもあるでしょう。
そのような際にはフードを温める・手で与えてみる・効率的カロリー補給を獣医師に相談するなどをしていくようにしましょう。
お水においては、常に新鮮な状態のものを与えるように心がけてください。

もし、著しい体重低下などが見られる場合には早期の段階で病院を受診することが大切です。
そのほかの変調が見られたときも同様です。

ホームケアのポイントをしっかり抑えて症状の緩和改善を目指していきましょう。

食事の管理ポイントを知って腎臓の負担と改善を目指す

フードを与える場合「たんぱく質」を減らす意識すると良いでしょう。
窒素製老廃物の量を減らすことにもつながりますので、腎臓への負担を軽くすることができるのです。

さらには、「ナトリウム」「リン」も控えめにすると良いでしょう。
血圧の管理や腎臓の悪化を遅らせるためにもおすすめです。
これらは大切な栄養素ではありますが、まずは腎臓に負担がかからないフードチョイスというものを優先させていきましょう。

逆に意識をして摂取したいものは「食物繊維」です。
アンモニアの発生を抑えたり腸内の最近を増やしたり、血液中に充満する有害物質が低減するなどという効果が期待できるのです。
先のような効果は腎臓の負担を軽くすることにもつながります。

さらには、脂肪酸は「オメガ3」を意識するのも腎臓の悪化を遅らせる効果も期待できると言われているのです。

フードを選ぶ際のポイントとして覚えておくと良いかと思います。
自己判断が難しいという場合には獣医師に相談をしましょう。